読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「笑顔と元気でご縁を繋ぐ」~ヒッチハイク日本一周~

日本一周ヒッチハイクの旅。出会った人、出会った景色、出会った想いを書き留めます。

6・7日目:いざ、九州の頂点へ

日本一周 九州
 
 
今は長崎の友達の家でのんびりしています!
ブログ頑張って追いつきます!笑
 
 
それじゃ6日目!
 
前日に同じ宿に泊まってる家元さんとサヤから「一緒に縦走行かん?」と誘われて「いいっすよ!行きましょう!!」という感じのノリで行くことに!!
 
 
縦走(じゅうそう)とは登山の方法のひとつであり、一般的には山頂に立ったあと下山せずそのまま次の山へ向かうことを指す。ルートによっては山頂を重視せず稜線を歩いて行くことも縦走と呼ぶ。
 
 
目的地は九州の最高峰「宮之浦岳
 
ちなみに2日間にかけて登るので、今回は山小屋に泊まります!
 
寝袋とマットはあるんで、あとは気合いでなんとかする!笑
 
 
朝5時に目を覚まし、バスに乗って荒川登山口に向かう。
 
f:id:gen4107:20160408170638j:image
 
 今回のルートは途中まで縄文杉と同じ道!!
 
f:id:gen4107:20160408170742j:image
 
f:id:gen4107:20160408170842j:image
 
途中、同じ宿の大学生とすれ違うこともありながら
 
f:id:gen4107:20160408171316j:image
 
 
4時間後、2日前に見た縄文杉再び!!
 
f:id:gen4107:20160408171342j:image
 
ここで偶然にも混浴で一緒になった大学生と遭遇!!
記念にパシャり!!!!
 
f:id:gen4107:20160408171235j:image
 
 
ここからは未知のルート。
ゴリッゴリの山道を歩いていく。
 
疲れたら休憩しながら
どんどん登っていく。
 
ザクザク
土を歩く音が響く。
 
周りは木々が生い茂っている。
僕らは360度自然な自然を歩いている。
 
※写真がないのでイメージでお願いします。笑
 
手、足が堪えながらも登ること3時間。
 
 
12時過ぎに山小屋に到着。
 
f:id:gen4107:20160408174029j:image
 
※写真はイメージです。
 
構造は2階建でそれ以外何もない、泊まるためだけの施設。
 
近くには湧き水が出てて、100%自然な水を飲むことができる。
 
f:id:gen4107:20160408174236j:image
 
 
今日は山小屋で明日の朝まで過ごします!
 
とりあえずお腹が減ったのでご飯タイム!!
 
家元さんの道具でお湯を沸かして
カップ麺やアルファマイを食べる。
 
f:id:gen4107:20160408174507j:image
 
飯、はんぱねぇ!!
疲れた時に食べる飯が格段にうまい!!
 
その飯には屋久島の天然水を使ってて、これが不味いわけねぇ!!
 
 
お腹がいっぱいになったら昼寝。
 
 
夕方に目が覚めて、またご飯食べて明日に備えて寝る。
 
いよいよ明日は山頂に登るんだ。
ワクワクしながら僕は眠りについた。
 
 
はい!7日目!!
 
朝の3時に目を覚まし、朝食を食べ山小屋を出発!!
 
もうこの高さになると気温が3度とかになる。
 
2時間ほど進むと木々がなくなり、見晴らしが良くなった。
 
 
次第に朝日が見えだす。
 
暗闇からだんだんと優しい光が溢れ出す。
 
f:id:gen4107:20160408205949j:image
 
f:id:gen4107:20160408210004j:image
 
f:id:gen4107:20160408210018j:image
 
f:id:gen4107:20160408212502j:image
 
f:id:gen4107:20160408212528j:image
 
その神秘的な光景は街で美女とすれ違ったように、つい見とれてしまっていた。
 
f:id:gen4107:20160408212614j:image
 
 
ライトはもういらない。
太陽の光を浴びかながら再び登り始める
 
f:id:gen4107:20160408213022j:image
 
 
山小屋から登ること3時間、、、
 
f:id:gen4107:20160408213616j:image
 
宮之浦岳到着達成!!
 
f:id:gen4107:20160408213716j:image
 
f:id:gen4107:20160408213734j:image
 
達成感やばい。
登ってほんと良かった。
 
 
頂上から見る景色はまた格別。
 
f:id:gen4107:20160408214735j:image
 
f:id:gen4107:20160408214754j:image
 
f:id:gen4107:20160408214831j:image
 
f:id:gen4107:20160408214806j:image
 

山頂を満喫した後は、麓に降りる。

 
f:id:gen4107:20160408220357j:image

 


途中別の山に登りながら、、
 
f:id:gen4107:20160408220229j:image
 
 
5時間かけてくだったら
 
f:id:gen4107:20160408220520j:image
 
みんな疲れてぐったり、、笑
 
 
バスに時間があるからヒッチやってたら
 
f:id:gen4107:20160408220611j:image
 
群馬から来たおじさんが宿まで送ってくれた(T_T)
ありがとうございます!
 
 
疲れすぎてこの後は爆睡。
 
 
 
 
今までほとんど山に登ったことなかった。
山の魅力なんてわからなかった。
 
でも今回登って山って楽しいなって思えた。
苦労して登る達成感。
電気、食べ物のありがたさ。
携帯が通じない環境。
 
日常にはないものがそこにあった。
 
 
また山に登ろうかと思います。
 
 
 
最後まで読んでくれてありがとう!!
 
下にある日本ブログ村のバーナーまでクリックしてくれると嬉しいです*\(^o^)/*